黒南風
文/北松拓也

 のっけからいきなりクイズというのもどうかと思うが、「黒南風」と書いて 何と読むか。「黒南風」は夏の季語なので、日ごろ俳句に親しんでいる人から は「簡単すぎる問題だ」と顰蹙を買いそうだ。また、特に西日本で漁業のよう な海の仕事に携わっている人にとって、これは馴染みのある言葉に違いない。 しかし、一般的には「どう読んだらよいのか」と首をかしげる人が多いだろう。 全部音読みにして「こくなんぷう」と言うのか。それとも「くろみなみかぜ」 とすべて訓読みにするのか。  そのどちらでもなく、ずばり正解は「くろはえ」である。「黒」を「くろ」 と読むところまでは何の変哲もないことだが、「南風」をなぜ「はえ」と読む のか。この意外性に疑問を感じるとしても不思議ではない。  まず、この語の由来に迫る前に、『広辞苑』(岩波書店)で「黒南風」の項 目を引いてみると、次のような語釈が載っている。   くろ-はえ【黒南風】   梅雨季の初めに吹く南風。《季・夏》。  次に、語頭の「黒」を除いた「南風」の部分だけを見てみると、『広辞苑』 の語釈は次のとおりである。   はえ【南風】   (主に中国・四国・九州地方で) みなみかぜ。おだやかな順風。《季・夏》。   〈日葡〉  この語釈の末尾にある〈日葡〉は、この語が『日葡辞書』に記載されている ことを示している。『日葡辞書』というのは、16世紀後半から17世紀の初めに かけてキリスト教伝道のために日本で活動していたイエズス会の宣教師たちが 編纂して、長崎学林で1603〜04年(慶長8〜9年)に刊行した「日本語-葡萄牙 (ポルトガル)語」の辞書である。ポルトガル語での辞書名は『Vocabvlario da Lingoa de Iapam』という。  余談ながら、この辞書の素晴らしいところは、当時の日本語の口語を中心と して3,2293語が掲載されており、それらにはポルトガル式のローマ字で日本語 の見出しがつけられていることだ。それによって、この時代の日本語の実際の 発音をそのローマ字の表記によって知ることができる。また、ポルトガル語で 語釈がつけられているばかりでなく、古典や日常語の用例も記されている点は、 辞書編纂時の日本語の実態を記録した資料として非常に大きな価値がある。お かげで、この時すでに「はえ」と発音される語が「みなみかぜ」という意味で 用いられていたことが分かる。  それでは、この「はえ」と発音する語はいったいどこから来たのかという問 題だが、これはどうやら古代インドの言葉であるサンスクリット語(梵語)か ら取り入れられたものらしい。その事情については、植木雅俊『仏教、本当の 教え』(中公新書)という本の中に、次のような説明が書かれている。   江戸時代中期の政治家で博識の学者であった新井白石(一六五七〜一七二   五)は、語源研究書『東雅』(一七一九年)に「梵語の此間(このかん)   の語となりし例。其一二(そのいちに)をこゝに挙(あげ)つべし。たと   へば〔中略〕水をアカといひ。南風をハエといひ」と記している。その    「ハエ」となった梵語(サンスクリット語)はヴァーユ(vayu)であろう。   それは風のことで、南から吹く風とは限っていない。インドを出発し南風   に乗って船で日本まで来た人が、「ヴァーユに乗って船で来た」とでも   言ったのであろう。その人は、単純に「風に乗って」と言ったつもりだっ   たけれども、聞いた人が「南方から来たのだからヴァーユは南から吹く風   だろう」と理解したのであろう。(同書、pp.153-154)  引用が少し長くなったが、「ハエ」という語の来歴について上記のような推 理が正しいかどうかを断定することは難しい。ただ、そういう光景を想像する ことは不自然ではないと思う。その一方で、「ヴァーユ」と「ハエ」との発音 の落差がやや大きいことが多少気になるところだ。  歌謡曲の歌詞では、「異邦人」という語にフランス語風の「エトランゼ」と いう読みをルビによって与えることがある。「南風」を「はえ」と読むのは、 そのような類いの日本語文字に対する外国語読みのやり方の元祖──とは言わ ないまでも、古い時代の例と考えられる。                              (2018/9/14)