東照公遺訓

人の一生は重荷を負て遠き道をゆくがごとし、いそぐべからず、不自由を常とおもへば不足なし、こゝろに望おこらば、困窮したる時を思ひ出すべし、堪忍は無事長久の基、いかりは敵とおもへ、勝事ばかり知りて、まくる事をしらざれば、害其身にいたる、おのれを責て、人をせむるな、及ざるは過たるよりまされり。

【解説】「東照公(とうしょうこう)」とは、江戸幕府初代将軍、徳川家康のことです。そのため、この遺訓を「家康遺訓」とも言います、ただ、これを徳川家康本人が記したものであるかどうかは定かではないようです。そばに仕えていた家臣の誰かが家康の死後、かつて家康が語っていた教訓を思い出しながらその要点をまとめたものではないかという説もあります。いずれにしても、厳しい世の中を生き延びるための心構えを説いたこの遺訓は、およそ400年の歳月を隔てた現代社会にも通じる人生訓と言えるのではないでしょうか。
(北松拓也)

[ホームページへ]